• 人類みな麺類 

    らーめん 原点

    恵比寿駅から徒歩10分ぐらいのところにある「人類みな麺類 東京本店」

     同じ会社が経営していて同じ名前で関西、関東にあります。またラーメンの形態が全く違うお店も出しています。店名が個性的なお店です!!(すべての店舗ですね)

     らーめん原点はこのお店の原点となる醤油ラーメン。鰹を使った香味油に醤油独特の甘味を活かしたラーメンとのことです。

     この透き通ったスープを飲むと口の中に鰹の香りが広がります。そして甘味が感じられます。スープだけでどんどん行けちゃいます!!美味しくてついいつ飲みすぎてしまいました。

     麺は太麺で噛み応えのある麺です。恐らく見る限り全粒粉を使用しているのではないかと思います。ちょっと波打った癖の付いた麺で個性的です。替え玉頼むと、麺の上に醤油??タレ??をかけてくれます。替え玉入れる前にそのまま食べてみると小麦の香りが感じられ、このままでも美味しいと思いました。もちろんラーメンなのでスープの中に投入しますが、替え玉頼んだ時はそのまま食べてみるのも良いと思います。

     チャーシュー厚めor薄め+味玉が選べます。

     シンプルなラーメンはメンマが美味い!!歯ごたえあるのあるメンマでうまい。シンプルな醤油ラーメンはメンマが個性的なことが多い気がします。柔らかめ、硬めなどい色々あり、ラーメンの主役である麺、スープに負けないぐらい主張があります!!!

    恵比寿に行った際には食べてみてはいかがでしょうか

    詳しくは↓

    https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13248873/

    お店のHP


  • 志那そば はせべ

    五反田駅から徒歩10分ぐらいのところにある「志那そば はせべ」

    栃木を代表する佐野ラーメンです。この透明感のある醤油味、佐野ラーメンはシンプルでどこか懐かしいラーメンなような感じがします。スープの味には違いがありますが、麵、トッピングは大きく差はなくストレートにラーメンが出ると自分は思っています。

    特徴的なのは麺、こちらの麺も佐野から買っているものだそうです。平打ち縮れ麺ですね。これが最大の特徴で、青竹打ちと呼ばれています。今でもこだわってやっているお店もあると思います。青竹打ちの麺は、中に気泡が多いため熱伝導が良いため、多分30秒~40秒ぐらいで茹で上がります。そして腰の強いくてモチモチした感じです。

    五反田で志那そば食べたい方はぜひ!!

    詳しくは↓

    https://tabelog.com/tokyo/A1316/A131603/13007182/


  •  麺屋武蔵 武骨

    つけ麺 黒 

    この真っ黒いスープはイカ墨を使用しているので真っ黒です。当たり前やー!!!ってことですね。野菜かニンニクを入れてイカ墨を入れてのスープはコクがあってうまい。なので見た目からして濃厚そうに見えますが、どちらかと言えばあっさり系のつけ汁だと思います。

     ラードが入っているそうなので、スープは冷めにくくなっています。スープにイカ墨を使うなんてあまり見たことがないので珍しいし、斬新ですね。昔、イカ墨パスタなんて流行っていた時期もありましたけど、最近はイカ墨はあまり流行っていないですね。口の中真っ黒になるからかなー

    イカ墨を調べてみると・・・

     イカ墨の黒い色素成分は、メラニン。アミノ酸の一種で、高い粘着性をもっているため、抗菌作用や整腸作用、血流よくする働きがあり、食材としても価値が高い。タウリンなどの栄養成分も豊富に含まれており、肝機能を高める役割があり、糖尿病のなどの生活習慣病の予防の面でも期待されている。とのことです。

     結構健康には良さそうな素材ですね!!これからイカ墨の再ブームが来るかもしれないですね。

     麺とチャーシューはこのような感じです、このチャーシューがマジ柔らかくてうまい。そのままで食べてもいけますが、つけ汁にくぐらせて食べるとまた違った感じが味わえていいです。麺は食べ応えのある太麺でしっかりコシがありつけ汁との相性も抜群です。つけ麺は麺の量を選べる(無料)のでたくさん食べたい方はマックスで!!かなりあると思いますので結構食べれる方には無料の範囲でお得です。

    ラーメンばかりで、あまりつけ麺自体を食べてきたことがなかったので・・・・ラーメン98%ぐらいかな!!

    つけ麺も最近いいなと思ってきています!!これからの時期はラーメンだと暑いのでつけ麺率が上がってくると思います。今年の夏はつけ麺街道にしようかな~

    詳しくは↓

    Twitter https://twitter.com/634bukotsu


  • らーめん潤

    中華そば(油標準)

    蒲田駅から徒歩5〜6分の所にある、新潟県燕三条のらーめん潤

    背油ガッツリ系で見るからにパンチありそうなラーメンです!!これで油が標準なので大油、鬼油だったらものすごい量の背脂がかかりますね!!さすがに最初だったので標準を注文しましたが中油ぐらいだったら行けそうな気がします!!

    スープは厳選した3種類の煮干しを使って出汁を取っているとのことで、スープを飲むと煮干しの香りが口の中に広がります。にぼし最高〜!!背脂のおかげでスープが冷めにくくなっていあるので最後まで冷めにくく温かいラーメンを食べれます。寒い地域には結構この手法があります。北海道のすみれなんかも油で冷めにくくしています。

    トッピングには、チャーシュー、岩のり、メンマです。メンマは枯節のメンマでしょうか??あまり食べたことないメンマです。わかるかた教えて下さい。

     麺は太麺です。太麺のの中でも結構太いほうだと思います。腰があって太麺なので食べ応えあります。これに背油が絡みついてすする麺は最高です。麺の硬さも選べますのでここはお好みですね。自分は硬めが好きなので硬めで注文しました。あとは玉ねぎ多めも出来るのでちょっとさっぱり食べたい方には多めがいいかもしれないですね。

    背油を補給したい方にはおススメのお店です!!パンチ力あるラーメンをぜひ食べてみては!!

    お店のTwitterです。 https://twitter.com/ramenjunkamata


  • 濱虎家 

    濱虎家 豚骨 塩ネギラーメン(麺かた あとは普通)

    ここの濱虎家は以前から結構行っている家系ラーメンです。自分的にはイチオシの家系ラーメンです。大井町はラーメン店が多くて結構激戦区だと思います。大井町駅から歩いていける範囲で家系ラーメン何件かあります。

    見た目は濃い感じはしますが、他の家系に比べるとライトな感じのスープです。ただクリーミーで濃厚でもあります。でもこのスープがマジうまい!!豚骨感が感じられて、コクもあり、そしてスープが熱い!!スープが熱いのは自分的には結構重要です!!なのでネギを入れても大丈夫です。熱々が苦手な方はネギトッピングをおすすめします。ちょっと矛盾しますね!!ネギ入れると適温になると思われます。

    もやキャベ

    最近はいつも頼みます。これをスープに浸しながら食べるのが自分流です。クリーミーな豚骨スープをまとわせた、もやしとキャベツが最高にうまい。色々な食べ方があるので試して見てください!!

    大井町に立ち寄ったらぜひ食べて見てくだい!!

    詳しくは↓

    https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131501/13148316/


  • シラスと春菊のアーリオ・オーリオ

     ふんだんに使われた春菊!!

     𝐁𝐈𝐒𝐓𝐑𝐎 𝐂𝐎𝐒𝐈 𝐂𝐎𝐒𝐈のインスタにも書いてあった通り、春菊が苦手な方でも全然いけます!!自分もどちらかと言えば春菊は苦手な方です。鍋とかに入っていてもあまり食べません。しかし、このパスタの春菊は違います。凄く柔らかいくてさわやかな香りです。ちょっち表現が微妙ですが・・・・苦みとか青臭さは一切ないです!!種類が違うのか??若葉とかなのか??全く知識がないので知りません。以前、インスタのフォロワーさんが春菊のサラダ食べると言っていました。その時は春菊のサラダって思っていたのですが、この春菊ならサラダでも行けます!!ほんとに今まで春菊食べてきた中で一番おいしかったです。パスタにシラスと春菊を絡めて食べると春菊の香りとシラスのうまみがFNS歌謡祭並みにコラボして最高でした。

    ※こちらの春菊とシラスのアーリオ・オーリオは週替わりパスタです。

     こちらが前菜です。冷たくしてあるパプリカが甘くておいしいです。

     このジャガイモの冷製スープが美味すぎる!!!!!!

     甘味が感じられて、じゃがいもの感じられて北海道を思い出します。ジャガイモと言えば北海道ですね。昔食べたジャガイモのミルク煮美味しかったー

    週替わりパスタはインスタで確認できますのでぜひ!!詳しくは↓

    https://www.instagram.com/bistrocosicosi/


  • 江戸みそらあめん

    ヴィーガンビストロ じゃんがらの新メニュー

    江戸みそらあめん

     江戸味噌とは、江戸時代に尾張の赤味噌と京の西京味噌の良いところを掛け合わせ作られたという「江戸甘味噌」とのことです。濃厚かつ甘味がある味噌です!!

     スープはとても濃厚です。しかし同時に甘味を感じられて今まで食べたことない味噌ラーメンです。江戸味噌自体食べたの初めてかな!!(多分・・・・)スープは結構熱いのでいきなり行くとやけどします。ゆっくり食べましょう!!自分はスープ激熱のラーメンは好きな方なのでOKです。寒い時期は熱々じゃないとね!!!!

     盛り付けも野菜がたくさん乗っていて彩も綺麗なラーメンです。焼きネギを濃厚味噌スープに漬けて食べるとネギの甘味と味噌の甘味がコラボして美味しいです。

    麺は太麺で、替え玉だと細麺になります。違った2つの麺で味わえるのがいいですね!!

     この上にトッピングで乗っている辛みは最初は混ぜずにそのまま食べて食べ進めてから混ぜると良いとのことです。

     最後はご飯投入しておじやに!!濃厚スープを余すことなく頂けます。

     これが動物性なしで作れられてるととは思えないラーメンです。冬季限定なのでお早めに!!寒い冬にはぴったり、体の芯から温まるラーメンです。ぜひ食べてほしいラーメンです。原宿に行ったときにはぜひ立ち寄ってください!!!!!

    詳しくは↓


  • W杯 VS中国 サウジ戦

    ホーム2連勝が絶対的に必要な試合でした。結果的には2連勝で終えることができ良かったのではないかと思います。今の日本代表のサッカーは結構批判的な意見が多く、解説者や記者の方からもあまり良いニュースが聞く機会が少ないのが現状です。ホームでオマーンに負け、アウェーでサウジアラビアに負けてしまって森保監督解任か !!というところまで行きました。まあ色々と意見はあるとは思うのですが自分なりの意見を書きます。

    まず、ワールドカップに行くことは国の威信かけてどのチームも来ます。楽には勝てないです。他の地域の試合を見ても苦戦してるところは多いです。サッカーレベルはあるとは思うのですが、ヨーロッパは厳しいゲーム多いです。毎回簡単に出れるなんてありえないです。アジアも少しずつではありますがレベルは上がってきるいるとは思います。サッカー協会も日本人の方を派遣してサッカー不毛の地を普及させたり、代表監督をしたりと様々な事業をしています。その成果も絶対あるとは思います。これからは日本がワールドカップに出れなくなる日が来ると思います。ヨーロッパの強豪ですら出れないときもありますから。

    中国戦

    相手は完全に引いてカウンターのワンチャン狙いできていました。日本はカウンターを警戒しつつ攻撃を仕掛けなくてはなりません。

     自分の見た感じでは、あえて中央から攻める攻撃。中央から崩す攻撃シーンが比較的多かったと感じています。

    1 サイドの裏のスペースが空きにくくなっていること

    カウンターを警戒してサイドからのクロスを減らす

    3 中で密集しているのでファールをもらう可能性高い

    2 カウンターを警戒してクロスを減らす

     サイドから攻めるのはサッカーをセオリー。サイドでポイント作って相手を広げる、サイドからクロスを上げて中で合わせて点を取る、サイドから切り込んで点を取る。サッカーの基本です。しかし相手がガッチリ引いてカウンター狙いのときはクロスを入れて大きくクリアされてカウンターを受けるケースがあります。相手はそれを狙っている場合があります。今のFW陣を見ても圧倒的にヘディングが強いとか密集していてもヘディングで競り勝てるFWは現時点では日本にはいないと思います。どちらかと言えばテクニックのある選手が多い。こうしたことから見てもあえて中央を崩すほうがカウンターのリスクを減らしつつ攻撃できる。ドリブルやショートパスでたとえ奪われたとして密集してるのですぐに大きくクリアするのは難しいです。そして選手感の距離が近ければボールを失っても、次の選手がすぐプレスをかけれるメリットがあります。デメリットは中央を崩すのは狭いエリアでのプレーになるので簡単ではない。

    3 中で密集しているのでファールをもらいやすい

     狭いエリアでドリブルで入って行けば、わざとではないにしろ、偶発的にファールになってしまうことがあります。もちろんファールを誘いに行くようなドリブルをする選手もいるでしょう。PAの少し外であれば直接FKで点を取ることもありますし、ドリブルでPA内に侵入してファールとなればPK。偶発的に相手の手に当たってハンドでPKなんてことをも起きます。

    結果的に

     中国戦では最終スコアは2−0で圧倒的に攻めて2点で終わってしまったので得失点差を考えるともう少し点がほしかったです。しかし、中央から崩すのは簡単ではないです。相当なコンビネーションが必要です。パスのタイミング、動くタイミング、ドリブルコースを開ける動き等が必要です。代表では練習する時間が限られるのでコンビネーションを上げてくるのはなかなか難しいのが現状です。また、相手陣地に深く入っているので裏のスペースがほぼないため浮かした裏パスが出せない。グランダーのパスが多くなってしまいます。ブロックの外で一定ペースでパスを回しているだけでは相手も慣れて簡単に崩せません。

    あえて食いつかせるパスを出す

     昔、ジュビロの遠藤選手が言っていたのですが、取れそうで取れない、あえて緩いパスを入れることによって相手を食いつかせる。と言っていました。リスクがありますが取れないスピードのパスではまず守備側はチャレンジしてきません。インターセプト出来そうなパスを入れることによって前に出させてズレたところに選手が入って受ける。またズレたことによって守備陣形の混乱を起こす。そうすればマークがズレてフリーになる選手が出来る。などなどいろんなことが起きる可能性がありますが、しかしリスクを伴います。取られる可能性もあります。どこでそういったパスを出すのか受けて、出しての関係性が非常に重要になります。取られ方、場所次第ではカウンターになる可能性が非常に高くなります。ただ膠着状態を打破するにはリスクを冒してもやらなくてはいけないこともあります。

    サウジ戦

     サウジは国内選手が多いためコンビネーションがとても良いと感じていました。お互いの距離感も良くパスワークが良いと感じていました。今までにはないサウジアラビアのチームになっていました。苦戦するなと感じていましたが、最終スコアは2-0で勝利を収めることが出来ました。しっかり繋いでくるチーム(ボール支配率60%)なのでどこでボールを取りに行くかが大切になるなと思っていました。

     1点目は伊東選手が落ちたところにサイドバックがつられ出てしまい、相手左サイドのスペースが空いてそこに長いボールを入れて伊東選手のスピードを生かして再度を崩しクロスから南野選手がゴールという展開でした。2点目は伊東選手のゴラッソ!!強烈なシュートでゴール。1ゴール1アシストの大活躍の伊東選手でした。ボールは相手にもたれている時間が長かったけど、最終的にはスコアでを上回りました。決定機も決めればもう1点は取れたと思います。

     ボールを取る位置の設定

    2 奪ってからのサイド攻撃

    1 ボールを取る位置

     相手がゆっくり回している間はハーフラインに合わせて、これより入ってきたらプレスに行く。前線の選手も深い追はせず入ってくる相手に対応しようとする意図が見えました。しっかり繋いで前に来るチームスタイルなので簡単には取れないことはわかっていたのであまり前から行き過ぎて体力を消耗させるよりかはしっかり引いてブロックを作って対応したほうが良いと判断したのではないかと思います。日本が相手陣地に深く入り込んだ場合はすかさず切り替えてプレスとプレスバックをしっかりしていました。

    2 奪ってからのサイド攻撃

     ボールを取れた場合はすかさずサイドに展開していました。この辺は中国戦とは大きく変わっていたところだと思います。繋ぎながら相手が前に出てくるため後ろに大きくスペースが空き、両サイドの伊東選手のスピード、南野選手テクニックをうまく使える機会が増やせる狙い。また相手のサウジはサイドからの攻撃に対して中の守備が緩い傾向がありました。マークが外れたりしているシーン、ボールおっちゃのシーン、受け渡しミスも結構ありました。この辺はある程度事前にスカウティングを入れて総合的に判断してサイドから徹底的に攻撃して行こうと判断したのが推測されます。もちろん中央の崩しもありましたが、中国戦に比べれば極端に少ないと思います。

     残り2試合、次のアウェイでのオーストラリア戦に勝てば決まります。気候的には南半球なので季節が逆、コンディションも含めて厳しい試合が予測されます。引き分けでも良いゲームです。ここでのゲームプランがどうなるか楽しみです。


  • じゃんがらヴィーガン からぼん

    じゃんがらヴィーガンのお店にからぼんメニューに加わりました!!

    濃厚辛味とんこつ風 からぼん

     『ヴィーガンビストロ じゃんがら』新メニューのからぼん。スープを一口飲むと

     スープがとても濃厚で辛くて美味しい!!

     本当にヴィーガンなのかと疑うぐらい美味しい。でも辛いのが苦手な方には結構辛い可能性ありです!!でもこの辛さがたまらなく美味しい。濃厚なので麺食べると同時にスープがどんどんリフトアップされていきます。なのでスープだけ飲んでいってしまうとあとでスープが無くなって替え玉までいけない可能性が!!豚骨スープを感じさせるようなぐらい濃厚です。

     トッピング ねぎ、きくらげ、たまねぎ、大豆ミートチャーシュー、キャベツ

     個人的には追加トッピングですりごまあったら面白いなと!!ちょっと坦々麺風になって美味しかなと思います。麺はベジ麺で普通の麺よりモチモチした触感があります。

     もちろん替え玉もありますので、これはマストですね!!

    このからぼんは期間限定なのでお早めに!!

     推測になりますが、ヴィーガンでこういったラーメンを作るのは非常に大変だと思います。基本ラーメンは動物系の素材を使うのがほとんどです。スープ、具材、麺に全てにおいて使われていることが多いと思います。開発にはコスト面も含めて苦労したと思います。まだ日本の文化にヴィーガンが馴染みが無いので、じゃんがらのからぼんと比較してしまうこともあるとは思います。ヴィーガン自体がまだ特別視されているのは事実だけど、これが広まってヴィーガンが特別なものにならない時代が近いうちに来ると思います。今はコアな方がヴィーガンを選んで食べているようになっていますが、少しずつ広まって行けばコアな方だけではなくなって行くと思います。最近、海外ではビヨンドミート(植物由来の人工肉)が話題になりました。日本では発売の予定はまだ無いとのことです。

     日本にヴィーガンが馴染むにはもう少し時間がかかるとは思いますが、将来的には日本でも当たり前になると思います。

    詳しくはこちら↓


  • 中華そば 和渦 TOKYO

     京急線 北品川駅から徒歩2分ぐらいのと頃にある中華そば和渦TOKYO。住宅街の中にあるお店で結構分かりづらい位置にあります。

    ラーメンはこちら

    塩そば

     見た目から美しいという言葉が似合いそうな盛りつけに透き通ったスープ!!

     塩たれには、帆立貝柱、生帆立、蜆、沖縄海塩ぬちまーすなど3種類を使用。魚介スープの宝庫ですね。スープ は山水地鶏、 岩中豚、 野菜、 乾物。麺は自家製。小麦の配合。加水などは日によって調整してます。チャーシューは岩中豚の雌のみ使用。ロースは真空低温調理。 ももは吊るし焼きに仕上げております。メンマは本気でメンマを作ってるタケマンのメンマに本枯れ節をまぶしました。水は8種類のろ過材で素材の味を活かすIIウォーター。

    全てにこだわり抜いたラーメンとなっています。すべてが手作りという手間を惜しまないラーメンですね。

     スープを口にすれば魚介の出汁と鶏油が同時にやってきます!!口に入れた瞬間にすごいなと思いました。あっさりしているのにしっかり魚介、鶏を感じられるスープでどちらもいいバランスになっています。トッピングには白髪ネギ、三つ葉、刻んだネギ、ゆずの皮、メンマです。白髪ネギと麺とスープを同時に食べると美味しさが倍増します!!三つ葉もアクセントになっており三つ葉好きの自分には最高です。

     自家製麺は細麺でありながらもちもちとした食感でスープとよく合います。その日の天気次第で水加減を変えているみたいなので毎回違った感じが味わえるかもしれません。ただ絶妙過ぎてわかならい可能性も!!!!

     

     そしてこのメンマ!! メンマは本気でメンマを作ってるタケマンのメンマに本枯れ節をまぶしましたものだそうです。凄い柔らかいですし、風味も感じられます。ススルさんが言っていましたが、メンマがおいしいラーメン屋は美味しいと言っていました。まさにこのことですね。

    チャーシューも凄く柔らかくてうまい!!食べた過ぎて写真撮るの忘れてしまいました・・・・

    漬け卵黄丼

    ラーメンを頼むと50円で注文できます。何種類かあるので注文おススメです!!

     お店の看板はこんな感じです。お店の中はとても綺麗で、ラーメン屋??って思うくらい綺麗です。

    人気店なので昼時などは並ぶとは思いますが、並んでも食べてほしいラーメンです!!

    詳しくはこちら↓

    https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131405/13233678/